その他の事業

居宅介護支援事業

自宅で生活する高齢者が介護保険において必要な在宅サービスを適切に選択・利用できるよう、介護支援専門員(ケアマネージャー)が利用者さまの心身の状況や環境等を踏まえ、介護保険のサービスを受けるために必要な「要介護(支援)認定申請の代行」や、要介護者本人及びご家族の希望に応じた介護サービス計画(ケアプラン)の作成を行います。なにより、高齢者の方が在宅で自立した生活が送れるようサポートする制度です。※ケアプラン作成の費用は全額介護保険で支払われますので、計画作成に費用はかかりません。

特定福祉用具販売事業

入浴・排泄関連用品など介護保険の適用となる福祉用具(5品目)のことを「特定福祉用具」と言い、介護保険の認定を受けている方は1割負担(上限10万円)で購入が可能です。また介護保険適用の福祉用具以外にも、日常生活をより円滑に、より快適にするための一般福祉用具も多数取り扱っております。選定については、福祉用具のプロフェッショナルである“福祉用具専門相談員”がお手伝いしており、お体の状態に合わせた適切な使用方法もご説明いたします。

【介護保険で購入できるもの】

・腰掛便座
・特殊尿器
・入浴補助用具
・簡易浴槽
・移動型リフト吊り具

住宅改修事業

加齢や病気によって体が不自由になると、住み慣れた自宅でもちょっとした段差でつまずいたり、廊下ですべって転倒するなど、家の中で不慮の事故にあうケースが増えてきます。そのような家庭内の事故を未然に防ぎ、自立した生活を支援するため、介護保険を利用した住宅改修への補助金があるのをご存知でしょうか。当事業所では公的制度に対応した住宅改修事業を行っております。ケアマネージャー立会いのもと、手すりの取付けや段差の解消など、身体状況に合わせた適切な住宅改修をご提案・実施いたします。

【対象者】介護保険被保険者証の住所に生活し、要介護(支援)認定を受けた方
【支給限度額】総額20万円までの改修工事に対して、9割を支給(※1割は自己負担)
【対象工事】①手すりの取付け ②段差の解消 ③滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更 ④引き戸等への扉の取替え ⑤洋式便器等への便器の取替え ⑥その他上記①から⑤の住宅改修に付帯して必要になる住宅改修

介護職員初任者研修事業

介護職員初任者研修は、従来の「訪問介護員2級課程研修(ヘルパー2級研修)」に代わるもので、在宅及び施設で働く上で必要となる基本的な知識や技術を習得し、職場の上司の指示を受けながら、基本的な介護業務を実践する能力を身につけることを目的としています。

開講から4ヶ月間12日のスクーリングの中で講義、演習、実習を行います。自宅では通信課題を学習して提出します。最後に修了試験に合格すれば介護職員初任者研修修了資格の取得となります。この資格を取得することで、介護保険指定事業所、障害者施設で介護職員として勤務することができます。

最近では、介護職員として就職する際には、資格は必須事項となっています。特に訪問介護事業所では、ホームヘルパー資格、介護職員初任者研修修了資格がなければ訪問介護員としてサービス提供するとこができません。

この時期に資格を取得して、超高齢社会に貢献してはいかがでしょうか。
シルバー福祉生協では年2回講座を開講し、皆様が受講しやすいように、日曜日を中心にスクーリングを実施しています。お気軽にお問い合わせ下さい。

このページのトップへ戻る